医師紹介[DOCTOR]

理事長兼院長 木村秦之

医師になってから一貫して肛門科での診断治療をやっております。
お尻の病気というのは治療を通じて勉強すればする程、奥が深く難しいものです。
例えば腕にできたできものと同じように目に見える部分だけが悪い部分と思われがちですが、実際には表に見えない奥に病巣が残っている事が多くあり、表面の治療だけしても奥の部分を治療しなければ多くの場合再発してしまいます。
この診断、治療、手術は診療の技術と豊富な経験が必要であり私のライフワークでもあります。
医師として痔の根治治療を目指し患者さんには「再発、合併症のない安全かつ確実な治療」を提供します。
病院としては「地域に根差した信頼される病院、患者さんに優しい安心できる病院」づくりを目指しています。

医師 木村 嘉秀

当院は肛門専門の病院として年間700件以上の手術を行っており、全国的に見ても専門病院としてはトップクラスだと自負しております。
300年以上の歴史を誇り、当時日本には無かったレーザーメスも先駆けて導入するなど、常に最新の技術を取り入れて参りました。
専門病院として、患者様に確かな医療を提供出来るよう努めておりますので、怖がらず、恥ずかしがらず遠慮せずに当院へお越しください。

医師 西田 十紀人

昭和63年 東京医科大学卒
前々職の市立加西病院と前職のふくやま病院では直腸脱手術が兵庫県下でトップクラスの手術件数と手術成績でした。

【肛門・鼠径ヘルニア・直腸脱外来】
火曜日午前、木曜日午前


<所属学会・資格>
医学博士
・日本外科学会認定医・専門医・指導医・日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
・日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医(終身)・近畿外科学会評議員・日本内視鏡外科学会
・日本内視鏡外科学会技術認定医・日本臨床外科学会・神戸大学医師臨床研修指導医
・マンモグラフィ読影資格(医師・読影部門)・日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
・緩和ケア研修会終了・日本救急医学会 ICLS(Immediate Cardiac Life Support)Provider Course 終了
・ACLS HYOGO in KOBE ROSAI HOSPITAL,ACLS基礎(ICLS)コース終了
・欧州内視鏡外科学会,European Association for Endoscopic Surgery and other Interventional Techniques(EAES)会員 Reg.No.7375
・米国消化管内視鏡外科学会議,Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons(SAGES)会員

医師 治田 賢

平成14年 岡山大学医学部卒
現在、姫路聖マリア病院 大腸・肛門外科部長

【肛門・鼠径ヘルニア・直腸脱外来】
金曜日午前・午後

<所属学会・資格>
医学博士
・日本外科学会専門医
・日本消化器外科学会指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
・日本大腸肛門病学会認定 大腸肛門病専門医
・日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
・臨床肛門病認定医