女性医師による女性のためのおしりの話[FOR WOMEN BY A FEMALE DOCTOR]

はじめに

  • おしりのトラブル、病院に行くことにためらいがある女性もいらっしゃると思います。
    また、女性は家族の体調を優先してしまい、自身の健康は後回しになって症状が悪化する傾向が気がかりです。
    女性ならではの悩みや恥ずかしさなどをカバーできる女医という立場で、受診のハードルを下げるきっかけになれれば幸いです。

  • 女性医師による女性のためのおしりの話 山下亜津紗医師

妊娠・出産と内痔核

  • 女性が内痔核を自覚するきっかけとなりやすいのが、妊娠・出産です。
    原因としては、黄体ホルモンの分泌→腸蠕動低下→便秘になりやすいことや、子宮が大きくなることで周囲の静脈や腸を圧迫し鬱血をきたすこと、出産時のいきみによる圧などがあります。

    また、出産後も授乳により水分が不足し便秘傾向になることから、痔が悪化することがあります。
    女性の場合、ホルモンバランスにより便秘や鬱血(むくみ)をきたすことがあり、「生理前に周期的に内痔核が腫れる」といった症状もみられます。

  • 妊娠・出産と内痔核

骨盤底機能障害

これも出産とかかわる症状ですが、経膣分娩により骨盤底の筋肉が損傷をうけることで比較的高齢になってから臓器脱(直腸脱・子宮脱・膀胱脱)、便失禁・尿失禁などを引き起こすことがあります。
軽度の直腸脱(粘膜下垂)の場合は、内痔核と似た閉塞感(おしりに何かはさまったような感じ)を生じ、内痔核と同じような手術で症状が軽減することがあります。
便失禁は、肛門括約筋の機能が低下して自分の意思に反して便が漏れてしまう状態です。しかし、軟らかい便で漏れていることが多く、便の状態を整えればほとんどが改善します。

肛囲湿疹

肛門周囲が真っ赤になったり色が変わったりして、かゆみや痛みを起こします。必要以上におしり周りを石鹸で洗うことや温水便座の水流を当てることで、皮膚や粘膜のバリアがなくなり、肛囲湿疹や裂肛につながっているケースがとても多いです。
軟膏のお薬を処方しますが、「きれいにするのもほどほどに」とお話するだけで劇的に症状が改善することがあります。

大腸癌

20〜30代の若い女性の場合、裂肛を起こすことが比較的多く、下血を起こすことに慣れている方がいます。そのため下血=裂肛だと思い込み、家庭が落ち着いて自分の体調を考えられるようになった40〜50代で受診に来られた時にはすでにかなり進行した大腸癌となっていることがあります。
大腸癌の低年齢化が進んでいますので、下血があればすぐに受診、30歳を超えれば定期的に大腸カメラを受けることを強くお勧めします。

女性における内痔核手術のタイミング

妊娠出産の前?後?

痛みや出血など症状を伴う内痔核の場合は、妊娠前に手術をお勧めします。
妊娠中に必ず症状は悪化しますが、妊娠中は手術ができないため軟膏や鎮痛剤といった対症療法で乗り切るしかありません。出産が終わってもお子さんから離れられない期間があるため、症状が強くてもなかなか手術が受けられないことがあります。
症状がほとんどない場合には軟膏を使いながら定期的に診察し、手術のタイミングを相談していきましょう。

裂肛を繰り返す場合は早めに手術

内痔核による摩擦などで裂肛を繰り返す場合、裂肛からの感染=痔瘻になることや、肛門狭窄をきたして便が通りにくくなることがあるため早めの手術をお勧めします。
便秘に対する不安が強く下剤を使って下痢にして出しているケースがありますが、下痢は腸粘膜の炎症を起こし裂肛の原因にもなりますので要注意です。

粘膜下垂を合併している場合

前述したように軽度の粘膜下垂の場合は、内痔核と同時に下垂した粘膜を切除することで症状が改善する場合があります。
しかし、骨盤底の筋力低下が著しい場合には余剰粘膜を切除してもまた口側から次の粘膜が下垂してくることで違和感が再燃することがあります。個々のケースによって対応が異なりますので、まずは受診の上、相談していきましょう。